2017年06月19日

安曇野高橋節郎記念美術館さんでの演奏

はい、かなりお久しぶりのkumara箏です。
前回の書き込みが去年でしたね、、、がく〜(落胆した顔)
前回の書き込みでゴボウと戦っていた‘いっさん’も1歳5ヶ月となり、某和物パンマンに心トキメく日々。
長女のなぼさんは、マグロ(食べる方)にハマって、スーパーの鮮魚コーナーで刺身を見ては「マグロ様〜黒ハート」と呟いております。
、、、かあさん、一度も‘様’なんてつけて呼ばれた事無いよもうやだ〜(悲しい顔)

まぁ、そんなこんなの日々を過ごしておりますが。
先日、2017年6月17日(土)にkumara箏はヴァイオリンさんと演奏のお仕事をさせていただきました。

場所は長野県安曇野市にある『安曇野高橋節郎記念美術館』さん
高橋節郎没後10周年展 「わたしのうるし」記念コンサート
古川 愛 ヴァイオリンコンサート

古川愛さんのソロコンサートでしたが、ゲストとしてアンコールで『春の海』を演奏させていただきました。

箏といえば宮城道雄作曲の『春の海』か『さくらさくら』か、という位の大有名曲。
お正月になると、どこに行ってもBGMで流れているアノ曲ですねわーい(嬉しい顔)
通常は尺八との合奏ですが、今回はヴァイオリンとの合奏でした。

実はこの『春の海』、ヴァイオリン無くしてはここまで有名にならなかったのかも、という話があります。
作曲者の宮城道雄さんは当時とても人気のある演奏家・作曲家さんでしたが、『春の海』が作曲された昭和初期にははあまりにも現代的すぎて受け入れられなかったのだとか。 
しかしそんな時、ルネ・シュメーさんという世界的ヴァイオリン奏者が来日した際に、宮城道雄さんの演奏した『春の海』を聴き、非常に気に入ってヴァイオリン独奏曲に編曲、公演で喝采を受けたそうです。
その後、宮城道雄さんとの合奏も行い、世界的にも絶賛された事で曲がヒットし、現在では箏を代表する曲となっています。

と、いう話もありつつのこの曲。
尺八や大合奏の編曲物、琵琶や三味線とは合奏していたのですが、ヴァイオリンとの合奏は初めてるんるん
古川さんのヴァイオリンがとても素敵な音で、和楽器同士との合奏とはまたひと味違う『春の海』を演奏できたのでは、と思います。
本番で演奏しながらヴァイオリンの音色にウットリしましたぴかぴか(新しい)

会場も藁葺き屋根の古民家ぴかぴか(新しい)
外では鳥のさえずりも聞こえて黒ハート
カメラのシャッター音を鳴らしたくない程のステキな空間で、記録より記憶に残しておきたい気持ちになりました。
そんな訳で、今回は写真なしです。すみません
機会があれば、皆様も一度行ってステキ空間を味わってみてくださいませね。

最後になりましたが、今回お世話になりました古川愛さん、安曇野高橋節郎記念美術館の皆様、そして演奏をお聴き頂いた皆様、ありがとうございました。
















posted by Kumara at 00:33| Comment(0) | 演奏

2016年07月08日

お久しぶりでございます

昨年から、随分とお休みしていたブログですが。
その間に、家族が増えたりしておりまして。
新規メンバーは、‘いっさん’ですわーい(嬉しい顔)
我々と共に、よろしくお願いいたしますです。

さてさて。
そんな訳で、昨年から演奏も休んでいたkumara箏ですが、先週、産後初の演奏に参加させていただきました。
上田にある信州国際音楽村で、『邦楽友の会演奏会』という会が開催されておりましてね。
今年で28回目だそうです。(すごいっっexclamation×2
流派にこだわらず、好きな曲を好きに演奏できるという(邦楽界の内では)超画期的な演奏会ぴかぴか(新しい)

いや〜、楽しかったです、ホントにわーい(嬉しい顔)
私は『ときめき(栗林秀明作曲)』、kumara尺八は『流露(杵屋正邦作曲)』を演奏させていただきました。

会場の響きがね、良いんですよね〜ひらめき
雰囲気も良いし揺れるハート
もう、自分の演奏が3割増し上手く聴こえる(笑)

弾きながら、あまりの響きの良さにウットリしちゃって
『練習で聴いた事がない曲調だった』
との、kumara尺八の感想でしたふらふら

参加されている皆様も、『演奏が好きで楽しい』って雰囲気が伝わってきて、聴いているこちらも楽しいわーい(嬉しい顔)
知らない曲の勉強にもなって、本当に参加させていただいて良かったでするんるん

打ち上げの時に言われた一言で面白かったのが、いっちゃんへの感想が
『蜂の子みたい〜!』

一瞬「美味しそうってこと?」と、思った次第。
長野では食べますからね、蜂の子(笑)

そんなカンジ。



posted by Kumara at 17:46| Comment(0) | 演奏

2015年03月29日

箏とさくら餅

今日は、演奏を聴きに午後からおでかけのkumara一家でしたかわいい

事の起こりは先月、、、。
善光寺の灯明まつりの一環で、宿坊で精進料理を食べるイベントに行ってましてね。
対面に座っておられた方々が演奏会のお話をされておりました。
思わずお声をかけさせてもらい、今日の会のご案内を頂いたという、「出会いはいつ起こるかわからない」って話です。わーい(嬉しい顔)

そしておもしろいのは、後日ご招待状をいただいて読んでいた時の事。
賛助出演されている方が、これまたつい先日、熊尺八が仕事先でお会いしていた方々だったというw
ご縁って不思議ですねぇ〜ぴかぴか(新しい)


楽しみに出かけましたが、13:30からの会だったので、なぼっさんが絶賛寝グズリをしてしまいもうやだ〜(悲しい顔)
私だけ観させてもらって、熊尺八はなぼっさんとお外を散歩となってしまいました。

三曲合奏から離れて久しい私ですが、久しぶりに合奏とか聴いてしまうと楽しそうだなぁ〜と思って、ウズウズ。
今回は違う流派の方達だったので、普段聴く事の無い曲を聴けたり、指の動きがキレイだなぁと思ったり。
たまには、観る側に回るのも楽しいものですねひらめき
ステキな時間を過ごさせていただきました。

ところで。
今回の会は、お茶会も同じお部屋でされていたので、お抹茶をいただいたのですが(おいしかった〜黒ハート)。
お茶菓子が、さくら餅だったんです。

ここで、疑問。
さくら餅の洗練された食べ方ってどうすればいいのでしょう??ふらふら
周りも悩んでいる様子の方が多数w
おいしくて大好きだけど、外でスマートに食べるにはなかなかにハードルが高い事が発覚!

第一の関門・・・「さくらの葉は食べるか否か」
周りを見ると、剥いで残している方もちらほらと。
でもこれは、食べるものだと思って私はそのまま食べる事にする。

第二の関門・・・「葉脈切れない問題」
葉は切れるも、葉脈が黒文字(お茶菓子についてくる爪楊枝的なもの)では切れずあせあせ(飛び散る汗)
悩んだ挙げ句、若干、大きいサイズのまま食べましたたらーっ(汗)

終わってからも、スマートな食べ方はどうなんだと悶々としておりますw
最初は、葉を少しめくって餅だけを食べ、最後に残りの餅と葉全量を食べるといいのかしら?
でも、葉のしょっぱさは最初から欲しいし、、、。

しばらく、このさくら餅問題に悩みそうな3月末の夜。
分かる方は教えてくださいまし。

そんなカンジ





posted by Kumara at 22:56| Comment(0) | 演奏